福祉の専門学校へ入学して勉強しました

  • 体験談に基づく学習塾の感想

    • 私は中学生の時に、学習塾に通っておりました。どのように選んだかというと、適当にチラシの入っていた学習塾に、「ここでいい」と決めました。

      しかし、縁があったのか、この決定が非常にいい選択でした。



      この学習塾は全国規模というより、ある特定の県全域に拠点があるという学習塾で、県内の高校については、すごいリサーチがされていました。また、年に数回、その塾限定の模試のようなものがあり、成績優秀者は張り紙に貼り出され、モチベーションのアップにも繋がっていました。



      講師の先生方は、各教科ごとに、それぞれのスペシャリストが揃えられており、その教科については、趣味で大学の先生がするような事をされているような先生も多数おられました。

      授業中はその趣味の知識のなかから生徒が興味を持ちそうな話題を話される先生もおり、生徒の各科目への興味をあげる話し方をされる先生が多かったです。
      例えば、理科の授業なら、科学雑誌に掲載されているような話題を授業の合間に挟み、生徒の興味を惹きつけるといったような風にされておりました。



      また、数学の授業では、大学の数学研究会といったような所が考え出した問題を、その時に習っている授業の範囲の知識で解ける(といっても、発想がとても敵いませんが)、問題を1ヶ月くらいの猶予を与え、課題として出してくれるような先生もいました。


      その他には、定期テストで生徒のテストがよかったら、ピザパーティーを開いてくれる先生もおり、生徒はピザの為に各自モチベーションを高くもち、頑張っておりました。

      この学習塾の他のいい点は、各中学校の校区及び主要道路、駅の近くに設立されており、同じ中学校でも同じ塾の違う校に通っているパターンが多かったです。

      また、学習塾でありながら、成績を上げようと無理に勉強をさせているような感じはなく、楽しみながら生徒同士切磋琢磨しながら成績をあげてく感じでした。

      川口市の夜間保育園の知識を増やしてみませんか。

      子どもは皆、無理に勉強させると成績をあがることは少ないと思います。

      この学習塾のように、楽しみながら勉強をし、成績をあげることが一番よい学習方法だったと実感しています。

      現在二十歳を過ぎている子供が以前通っていた学習塾は、一線を退いた老夫婦が開業していました。

      宮崎で塾全般の一般知識を分かりやすく紹介いたします。

      旦那さんの方は東大でのエリートだったそうですが、そんな風には見えず、穏やかな中にも厳しさを潜んでいたように見えました。

      奥さまは明るく現代的な感じの方で、話しているととても楽しくなるような方でした。
      その夫婦の学習塾に娘は、小学校の高学年から高校までお世話になりました。

      https://allabout.co.jp/gm/gc/454697/

      週に二回の学習塾までの送り迎えは厳しいものがありましたが、子供のためと思い夜車を走らせたのが懐かしく思い出されます。毎回娘も嫌がりもせず通っていたのですが、学校の成績は格段に伸びるでもなく平行線をたどっていました。
      それでも学習塾をやめるということは言いませんでした。


      反対に親の方が否定的になったりもしました。

      子供の気持ちを優先する意味で、学習塾にはさして効果を感じられないまでも通わせました。

      そうこうしているうちに娘も高校を卒業することになり、学習塾通いも終えることになりました。東京の短大へ行くこととなり四月の入学式を終え、晴れて短大生となり勉学に励んでいました。

      月日が過ぎ、夏ごろに送られてきた成績表を見た時は驚きました。

      老夫婦の学習塾でさしたる効果も感じられなかった子供の成績が、良い方に傾いていました。

      びっくりしたのも事実ですが、結局はこういった形で結果が出るような塾の方針だったのだろうかと、その老夫婦の考えの深さに感動し尊敬の念を持ちました。

      http://girlschannel.net/topics/333260/

      点数を上げるだけの教え方ではなく、芯から理解し応用の効く指導方法だったということを思い、目の前の効果にしか心が行かなかった自分を反省し、本当の物はゆっくり咲かせるのが一番だということもわかりました。

      老夫婦の学習塾を通して親も学んだような気がします。
      親の学びの方が大きかったようにも感じます。

      http://matome.naver.jp/odai/2142091073423402201/2142091106823597303

      今は社会人となり苦労の多い人生を送っているように見受けられる娘ですが、老夫婦によって教え込まれた応用の効く頭で、自分なりに考えて困難を乗り切っていってくれるものだと確信をしています。

  • 関連リンク

    • 私は中学生の時に、学習塾に通っておりました。どのように選んだかというと、適当にチラシの入っていた学習塾に、「ここでいい」と決めました。...

    • 年明けから始まった受験シーズンもひと段落すると、すぐに次の年度に向けて学習塾では新学期生の受付が始まります。その時は前の年のその学習塾生がどの高校や大学に合格したかが表示され、学習塾を選ぶ参考にもなっています。...