福祉の専門学校へ入学して勉強しました

  • 楽譜はとてもおもしろい

    • 音楽に興味がある方や、楽器演奏をされる方にとって楽譜を読むということは日常的なことかもしれないが、今から新たに楽器を弾くことに興味を持つ方にとって楽譜を読むということはかなりの難関と感じることも少なくない。
      理由の一つとして、通常の書籍と比較して並んでいる記号や音符は日常生活とほぼ無縁であり、併せて楽器もこれから取り組んでいくとなるとそれぞれの記号や音符が何を意味するかをイメージすることすら難しいためである。


      もちろん小学校や中学校の義務教育で音楽という授業を受けているから全く分からないという方は逆に少ないかもしれないが、中途半端にわかることでかえって混乱してしまう場合もある。


      では、楽譜に慣れ親しんでいくにはどのようにしたら良いのかと考えると、まずはできる限り簡単なものから触れていくことが重要となる。
      例えば、楽器の中でも比較的ポピュラーな楽器であるピアノを例にあげて考えてみると、初級者向けの楽譜を手にして、まずは音を出してみることが第一歩である。幸いなことにピアノという楽器は音を出すこと自体は簡単な楽器であり、管楽器やバイオリンなどの弦楽器を考えると音すら出せない事実に直面することもある。


      初級者向けの楽譜の場合、ピアノの鍵盤も並べて記載があり、どの音符がどの鍵盤を示しているのかがわかりやすくしてあるものもある。
      そのため、どの記号がどういった意味であるかは鍵盤を押してみることで確認ができる。

      何事も身につけていくには段階が必要だが、上記流れである程度楽譜の音符と鍵盤の関係を理解すると自分が知っている民謡などの簡単なメロディの曲を弾いてみるとさらに理解が深まる。

      音符が理解できると次は各記号の意味の理解だが、ここについては対象となる曲の楽譜とCDなどの音源があるとなお良い。記号というのは楽曲の表情を示すことが多いので、記号の意味を文面で確認した後に実際にはどのように表現されているのかを確認することで正しく理解ができるのである。


      ある日突然楽譜が読めるようになるのは難しいが、段階を踏んで少しずつ理解するとそこまで難しいことではないので是非一歩一歩進んでいくことをお勧めする。楽器を練習していると楽譜を手にする事が多いですが、新しい曲を練習する場合に楽譜を探すのにとても苦労します。


      作曲者やタイトルが分っていても楽器屋さんに足を運ぶと置いていない場合があったり、楽譜を見つけるのに凄く時間がかかったりします。更には作曲者やタイトルも分らずにドラマの主題歌という事だけが分っている場合もあります。
      このような場合に楽器屋さんで楽譜を見つけ出すのは凄く難しいのです。


      つい最近放送されたドラマだと目立つ場所に置いてある場合がありますが、昔に放送されていたドラマだと探すのは本当に難しいです。

      このような場合に楽譜を簡単に見つける事が出来る方法があります。楽譜ダウンロード販売の利用者の声が届いています。それはインターネットで楽譜を購入する事です。インターネットには様々な楽譜をダウンロードで購入出来るお店が沢山あります。


      歌手名を入力したり、ドラマの主題歌であればそのドラマのタイトルを入力すると直ぐに楽譜を見つける事が出来ます。そしてダウンロード販売ですので、パソコンに取り込む事が出来ます。紙の楽譜だと手でページをめくる必要があるのですが、パソコンに取り込んでしまえば自動でページをめくる機能を使用し、演奏に集中する事が出来ます。タブレット端末などを利用すれば、譜面台にタブレット端末を置いて演奏を楽しむ事が出来ます。

      そしてダウンロード販売の利点として、拡大や縮小が自由自在という事です。

      年齢を重ねてくると老眼が出てきてしまい、譜面を読むのがとても大変になってきます。

      しかしダウンロード販売で購入した譜面だと、見やすい大きさに拡大をして演奏をする事が出来ます。
      紙の譜面だと拡大するにはコンビニで拡大コピーを行う必要がありますし、紙のサイズが大きくなるので、取り扱いが凄く面倒になってしまいます。


      ダウンロード販売だと取り扱いはとても簡単です。

      タイトル順に譜面を管理したり、作曲者名で譜面をまとめたりする事が出来ます。譜面を探す時はネットを活用しましょう。

















  • 関連リンク

    • 私は中学生の時に、学習塾に通っておりました。どのように選んだかというと、適当にチラシの入っていた学習塾に、「ここでいい」と決めました。...

    • 年明けから始まった受験シーズンもひと段落すると、すぐに次の年度に向けて学習塾では新学期生の受付が始まります。その時は前の年のその学習塾生がどの高校や大学に合格したかが表示され、学習塾を選ぶ参考にもなっています。...