福祉の専門学校へ入学して勉強しました

  • 温かい雰囲気と安心感のある学習塾

    • 高校生のとき、北陸地方でも有数の進学校に電車とバスを乗り継いで一時間半ほどかけて通っていました。

      比較的成績がよかったので、有名国立大学の受験を目指して、高校二年の冬から学校の近くで下宿生活をしていました。

      通学時間をまるまる机の上での勉強に使えるようになり、とても助かりました。

      また、下宿仲間に紹介された学習塾に入りました。

      それまでは学習塾に入ったことがなかった私ですが、その学習塾のとても自由な雰囲気と、先生の温かさに惹かれました。自習型の学習塾で、個人個人で必要だと思う勉強をそれぞれの机で行います。

      また、わからないことがあったら、先生にいつでも質問できます。

      特に私の苦手な数学が強い先生だったので、夜遅くまで勉強しながらわからない部分はいつでも質問できる安心感がありました。

      また、他の学校からも通っている受験仲間がそれぞれのペースで頑張っているので、とても心強く、お互いに刺激を与え合いながら頑張っていました。

      時には先生が美味しい餃子をおごってくれたり、塾仲間で合宿旅行にでかけたりなど、とても楽しい時間を過ごしました。
      温かい雰囲気の流れる教室なので、ストレスがたまりがちな受験勉強もとても楽しめましたし、自分のペースでコツコツと勉強したい私にはぴったりの学習塾でした。
      帰りには銭湯に寄ってあたたまってから下宿の部屋に戻りました。


      そんな毎日の繰り返しのおかげで、無事に現役合格を果たし、先生にはとても感謝しています。


      温かい雰囲気の学習塾というなかなかない場所を安く提供してくれて、生徒たちの質問には全力で答えてくれて、本当に温かい先生でした。学習塾にもいろいろな個性があり、大人数の生徒に一斉指導をする塾や、個別指導の塾が一般的ですが、このような自習型の学習塾もあるので、それが合う人にはぜひおすすめします。勉強をする場所の雰囲気や安心感はとても大切ですから、塾を選ぶ時はぜひ慎重に選んでください。
      学習塾を選ぶ時にはポイントをおさえて選ぶ事をお薦めします。
      それでは、どのようなポイントで選べば良いのでしょうか。まず、学習塾と一言でいってもそれぞれ塾ごとに内容が違います。この為、どのようなコース設定があるのかという点をチェックすると良いです。

      例えば、冬休みや夏休みだけ学ぶことができる短期コースというものもあります。
      部活動や家計の兼ね合いなど様々な理由で短期的に利用する場合は短期的なカリキュラムになっているのかという点をチェックして選ぶと良いです。


      また、短期的に利用してもてお子さんがその環境で学ぶ事ができるかを判断してから長期コースへ移るという方法も有効です。
      また、学習塾で何を学ぶのかという点も重要です。


      大きく分けると受験の為の勉強かそうでないかという点です。

      単に学力向上を目的に通うのに受験目的の内容であれば学習する効果が薄れてしまいます。

      この為、目的に沿った授業内容かどうかという点も重要になります。また、生徒を前に先生が指導を行う一斉指導が良いか個別学習指導が良いかという点も重要なポイントです。
      どの学習スタイルが良いかという点についてはお子さんによって異なりますし、家計の事情もあるため一概にこれが良いという訳ではありません。それぞれの特徴やメリットが異なるため、それらを把握してお子さんのあうタイプを選択することが大切です。
      また、講師の質や人柄も学習塾を選ぶポイントになります。

      なぜならば、講師に信頼をおく生徒は間違いなく学力が向上するからです。

      また、相性が悪い講師だと学ぶことを苦痛に感じストレスの原因にもなります。


      この為、講師の質や人柄は重要です。
      この他、費用という点も大切なポイントです。
      学習塾に支払う費用で家計が圧迫しては本末転倒です。


      お子さんの進学費用という問題もあるため、経済的に通わせることができる費用をあらかじめ設定してから学習塾を選ぶことも重要です。このように学習塾を選ぶ時にはポイントをおさえて選ぶことでより良い学習塾を選ぶ事かできます。

















  • 関連リンク

    • 私は中学生の時に、学習塾に通っておりました。どのように選んだかというと、適当にチラシの入っていた学習塾に、「ここでいい」と決めました。...

    • 年明けから始まった受験シーズンもひと段落すると、すぐに次の年度に向けて学習塾では新学期生の受付が始まります。その時は前の年のその学習塾生がどの高校や大学に合格したかが表示され、学習塾を選ぶ参考にもなっています。...