不動産投資の減価償却について

不動産投資では減価償却が特殊なものだということを知っておかなければなりません。
資産を考えるときには、税金を申告するための帳簿上の資産と、現金の流れという意味でもキャッシュフロートとを区別して考える事が必要です。

一般的な費用を支払ったときには、この二つは一致します。

例えば、電気代を支払えば資産はその分減少しますし、お金も減少します。

これが普通なのですが、不動産投資の減価償却では一致しません。

そもそも、これは建物の老朽化を費用化したものだと言えるでしょう。
ですから、実際にはキャッシュフローを伴わずに、帳簿上で費用が発生するのです。
帳簿上というのは税務申告のためですから、簡単に言えばお金は減っていないのに、税務署は資産が減少したとしてカウントしてくれることになります。

費用が発生しているわけですから、これは利益から控除することができます。

それが帳簿上で行われるわけですから、簡単に言うと税金を安くすることができます。


これが不動産投資での減価償却のもっとも大きいメリットだと考えられます。


実際に現金がなくなっているわけでも内のに税金を安くすることができるという事ですから、これは非常に大きなメリットだと言えるでしょう。
その金額が大きければ、相当な分を控除することができます。サラリーマンが不動産投資をするときには、賃料収入だけではなくて給与所得も発生します。


減価償却の金額が大きければ給与所得からも控除することができるようになりますから、節税効果は非常に大きいと考えられるのです。

http://www.reinet.or.jp/?p=14109
http://www.reinet.or.jp/chine/pdf/2014/Survey-Oct2014.pdf
http://www.ffaj.or.jp/fx/

ブラジル国債に関する口コミ情報を募集しています。

マンションの査定を成功させたい人に必見の良い情報をご紹介します。

マンションの経営情報サイトを使用する機会が増えています。

自分に合ったバイナリーのオプション関連情報サイトです。

投資セミナーの情報といえばココです。